プリリジーの成分ダポキセチンについて詳しく解説

落ち込んでいる男性

早漏れを改善する薬としてプリリジーは有名なのではないでしょうか。
そんなプリリジーに含まれる成分、ダポキセチンについて解説していきます。

ダポキセチンはプリリジーの主成分に当たります。
もともとダポキセチンは抗うつ剤として利用されていましたが、使用した患者から射精までの時間が長くなったという報告によって、このことが発見されました。
そもそも早漏れがおこる理由は、興奮を抑制する物質であるセロトニンの不足にあります。
セロトニンが不足するとアドレナリンが過剰に分泌され、早漏れにつながるのです。
ダポキセチンには脳内の興奮を抑制するセロトニンを分泌させる働きがあります。
一方、快感を促進するドーパミンや、不安や緊張などのストレスに関わるノルアドレナリンの分泌を抑制させるのです。

早漏れを防ぐためにはダポキセチンが含まれているプリリジーなどを、性行為の1時間から2時間前に服用するといいでしょう。
服用してから5、6時間持ち、24時間経つと成分は体の外に排出されてしまいます。

ダポキセチンの副作用

一般的にダポキセチンは副作用が出にくい成分ですが、体質によっては副作用が見られることもあります。
例えばめまいや胃のむかつき、頭痛などが挙げられます。
その他には、失神、便秘、睡眠障害が見られる人もいるので注意してください。
まれに立ちくらみが見られる場合がありますが、この際には水を多く飲むようにすると良いということがわかっています。
自宅で対処出来る場合はいいのですが、症状が長期に渡る場合は病院を受診するようにしたほうが安心でしょう。
このようにダポキセチンは早漏れに有効ですが、やはり副作用が出る場合は注意したいものです。

では、副作用を防ぐにはどのようにすると良いのでしょうか。
市販で購入した薬、病院で処方されたもの、いずれを利用する際にも1番に気をつけたいのが服用方法です。
1回の使用量、服用するタイミングなどは薬によって異なります。
必ず注意書きを読んで守るようにしてください。

ダポキセチンが入っている薬の平均価格

以上のことから早漏れの改善にはダポキセチンが有効であることがわかりました。
では、プリリジーなどのダポキセチンが含まれている薬の平均価格について解説していきます。
ダポキセチンが主成分となっている薬は様々なものがありますが、主成分が同じであれば効き方や持続時間はほとんど変わりません。
個人差はあるものの、持続時間は約6時間、射精までの時間は通常の約3倍になることがほとんどです。
このように薬の内容に違いはあまり見られませんが、平均価格は異なります。

代表的な薬にプリリジーの他にポゼットというものがあるので2つを比べてみましょう。
この2つでは、プリリジーの方が先に販売され始めました。
ポゼットは後から販売され始めたもので、ジェネリック医薬品に当たります。

基本的にジェネリック医薬品の方がか価格は低くなり、プリリジーの方が高価なのです。
クリニックによって多少の差はありますが、プリリジーの平均価格は10000円以上にもなります。
一方ポゼットは約3000円と大きな差があることがわかります。

このように価格の差は大きいのですが、購入できる場所も異なっているのです。
病院など、クリニックの処方によって購入することができるのはプリリジーの方です。
残念ながらポゼットは病院で処方してもらうことはできません。
ポゼットは基本的に個人輸入で購入しなければなりません。
しかし個人輸入をするのは少し不安だという人も多いのではないでしょうか。
しかし個人輸入といっても1から自分で行う必要はありません。
個人輸入をするためにはまず病院で診察、処方を受けます。
そこから価格を抑えることができる医薬品を個人輸入によって購入するという方法です。
一度クリニックを通すと個人輸入も安心なのではないでしょうか。

関連記事