プリリジーが高くて買えない!ジェネリックのポゼット

早漏治療薬の先発薬として代表的なものがプリリジーです。
プリリジーは早漏を取り扱っている病院でも処方が行われている薬と言えますが、1錠につき3000円ほどの費用が必要になります。
1回の使用で3000円近い出費をしなければならないのは、早漏で悩んでいる人にとっては高い出費と言えるでしょう。
プリリジーを実際に現時点で使用している人にとっても、1錠を服用することで得られる作用は数時間でしかないわけですので、性行為をする度に飲まなければならない点がネックです。

プリリジーの購入費用を節約するためには、ジェネリック医薬品のポゼットを選択することも可能です。
薬には先発薬の他に後発薬が存在しており、海外ではジェネリックを選ぶ人も非常に多いです。
ジェネリックの大きな特徴は後発薬であるために価格が安い点と言えます。
プリリジーと比較してもポゼットの費用はとても安いので、経済的な負担を減らせる点がメリットです。
様々な海外薬を販売している個人輸入の代行サイトがありますが、ポゼットは通販なら安く購入できますから病院へ行く手間もかかりません。
1錠につき300~500円ほどで購入できます。
ジェネリックを飲むことに抵抗を感じない人であれば、経済的な面も考慮してポゼットの服用を検討してみても良いでしょう。
ポゼットはプリリジーのジェネリックに該当するために、同じ製造方法で作られていますし、含まれている有効成分も同じです。
早漏を改善するための有効成分を摂取することが可能で、水で飲むタイプの薬です。
性行為を開始する少し前に水と一緒に飲むことで、男性器の感覚を低下させることなく、射精までの時間を引き延ばすことが可能になります。
海外製の早漏治療薬のメリットは、性行為で得られるはずの快感を落とさない点にあります。
しっかりと性行為の快感を得ながら射精までの時間を延長することが可能なので、パートナーとのセックスライフを持続して関係を良好にできます。
経済的な理由によって、早漏を専門としているクリニックに通えない人や、サイトで購入するときにプリリジーが高いと感じている場合には、ジェネリックであるポゼットに切り替えることによって、安心して治療薬を飲み続けられるようになります。

ポゼット購入時のリスクや注意点は

経済的な面でメリットの多い早漏治療薬がポゼットになりますが、全くリスクが無いということにはなりません。
ポゼットは海外製のジェネリック医薬品であるために、十分に射精感を抑制してくれるのかが不安な点と言えます。
せっかく出費をして早漏治療薬を購入しても、効き目が感じられなければ意味が無くなります。
性行為を始めてから薬が効いていないリスクを避けるためにも、自分で事前に早漏を予防できるかどうか確認したほうが良いでしょう。

また、偽物であったり、効き目が弱いかどうかを確認するために、口コミを調べておくことも重要です。
海外の医薬品を扱っているサイトによっては、本物ではないものを販売しているリスクがあります。
リスクを回避するためにも、複数の回数にわたって同じ個人輸入の代行サイトを利用してみて、しっかりと効き目のあるジェネリックを扱っているか調べておくことがおすすめです。

ポゼットを服用するときの代表的なリスクの1つとして、お酒と併用できないことが挙げられます。
ポゼットに含まれている有効成分は先発薬のプリリジーと同じものですが、アルコールとの併用が禁止となります。
配合してある有効成分は血流を良好にするためのものですので、アルコールと一緒に摂取してしまうと、血管が広がりすぎてめまいや気分が朦朧とする恐れがあります。
また、注意点としてはグレープフルーツジュースには、医薬品の効力を低下させる特徴があるために、一緒に飲まないように気を付けなければなりません。
病気を抱えていて医療機関で治療を受けている人も、早漏治療薬の注意点を把握しておく必要があります。
高血圧や心臓病などの疾患を抱えている人は、血圧に影響を与える可能性があるために服用を控えておくことがおすすめです。

関連記事